Top > 赤ちゃんと健康管理 > あせもを予防するには?

あせもを予防するには?

赤ちゃんは、あせもなどが出来てかゆくなると、自分で引っ掻いてしまいます。手の届くところだと、加減が分からないので危ないですし、逆に、手の届かない部分だと、かゆそうにしているのは可哀想ですよね。もちろん、お母さんとしてはあせもが出来ないように気をつけていると思いますが、もう一度見直してみましょう。

季節が春や夏の場合、シャワーやお風呂は1日1回と限定しないで、少し汗をかいたらシャワーを浴びせてあげましょう。あせも予防が出来る沐浴剤などもあるので、特に汗っかきの赤ちゃんは、沐浴させてあげるのもいいですね。

ただし、何回シャワーを浴びせたとしても、赤ちゃんお肌の潤いを奪ってしまうので、石鹸を使うのは1回だけにしましょう。普通にお湯で流すだけで、充分綺麗になります。

外出時には、濡れタオルで汗をふき取って、乾いたタオルでぽんぽんと水分を拭いて乾燥させてあげてください。冬は、暖房のせいで熱くなってしまう赤ちゃんもいます。

たまに、手足がすごく冷たい赤ちゃんがいますが、体を触ってみるととても暖かいです。手足は赤ちゃんの体の熱を放出させるところなので、冷たくても手袋などは必要ありません。

また、やたらと厚着をさせているお母さんがいらっしゃいますが、外に1日中いるならともかく、今はお店の中などはかなり暖かくなっていますよね。大人でも上着を脱ぐぐらいなのですから、大人より体温が高い赤ちゃんはとても熱いということを忘れないで下さい。

環境にもよりますが、冬は大人より1枚少なく着せるのがあせもを予防するコツです。

スポンサードリンク

赤ちゃんと健康管理

関連エントリー
赤ちゃんとアレルギー赤ちゃんの目の病気赤ちゃんが発熱したら?赤ちゃんにテレビを見せてもいいの?赤ちゃんのアレルギーを防ぐ、ダニ退治赤ちゃんとアトピー性皮膚炎赤ちゃんとインフルエンザ赤ちゃんのおもちゃなどの消毒は、どれくらいすればいい?赤ちゃんの鼻の掃除方法は?赤ちゃんの生活リズムをつけてあげましょう赤ちゃんの体温は毎日測りましょう赤ちゃんの冬のお出かけで注意すべき点は?赤ちゃんの夏のお散歩で注意すべき点は?赤ちゃんの予防接種は忘れずに!赤ちゃんとペットは一緒にしていいでしょうか?赤ちゃんが嘔吐をしたら赤ちゃんの便秘を解消する方法は?赤ちゃんの便秘のサインは?あせもを予防するには?赤ちゃんに、あせもが出来てしまったら?赤ちゃんの耳掃除のやり方意外と危険!赤ちゃんのつめに気をつけましょう!ベビーマッサージの方法ベビーマッサージがおすすめ!