Top > 赤ちゃんと食事 > もぐもぐ期(月齢目安は7ヶ月から8ヶ月)の離乳食について

もぐもぐ期(月齢目安は7ヶ月から8ヶ月)の離乳食について

離乳食にも慣れて、物を飲み込むことを覚えたら、もぐもぐ期に入ります。月齢目安は、7ヶ月から8ヶ月ですが、ごっくん期が早く終わってしまった赤ちゃんや、逆に離乳食を遅く始めた赤ちゃんは、もっと月齢がいってるかもしれませんね。

もぐもぐ期の離乳食というのは、物を噛んだり、口の中でまとめられるようにトレーニングが出来るものを与えます。固さの目安としては、絹ごし豆腐ぐらいの固さで始めて、慣れてきたら絹ごし豆腐ぐらいの固さにしていくといいでしょう。

離乳食を与えるのは、1日2回にして、毎日同じ時間にあげられるようにします。消化機能も発達してきているので、ある程度いろんな物を食べさせてあげることも出来るようになるのがもぐもぐ期です。
この頃になると、ベビー用のヨーグルトやおせんべいなども食べられるようになります。

ただし、どんな食べ物をあげるときでも、初めて食べさせる食材は1さじあげて赤ちゃんが嫌がっていないか様子を見てください。ごっくん期と同じで、焦って離乳食を進めようとすると、逆に赤ちゃんにストレスを与えてしまうことになります。大事なのは、食べることに慣れてもらうことなので、そのためには、食べることを楽しんでもらうというのを心がけるのが先決です。

また、卵や小麦粉、そばなど、アレルギーが出るものに関しては、1口与えた後は念のため、1日様子を見たほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク

赤ちゃんと食事

関連エントリー
育児中、買い物ができない時赤ちゃんのミルクはミネラルウォータで作ったらダメ?赤ちゃんの、食生活でアレルギーを予防するには?赤ちゃんの食物アレルギーが心配・・・。初めての離乳食|離乳食の準備をしましょう!赤ちゃんに果物はあげていいの?もぐもぐ期(月齢目安は7ヶ月から8ヶ月)の離乳食についてかみかみ期(目安月齢9ヶ月から10ヶ月)の離乳食についてごっくん期(月齢目安は5ヶ月から6ケ月)の離乳食について離乳食の悩み|初めての離乳食