Top > 赤ちゃんと学習 > はいはいはどうやるの?

はいはいはどうやるの?

赤ちゃんがはいはいを始めるのは、月齢で7ヶ月ぐらいからと言われています。はいはいというのは、全身の筋肉を均等に使うので、体全体のバランスをとるのにとてもいい運動です。すべての赤ちゃんがはいはいをするというわけではありませんが、出来れば、練習をしてはいはいが出来るようになるといいですね。

一番やりやすい練習は、あかちゃんのお気に入りのおもちゃを使う方法です。赤ちゃんがうつぶせになっているとき、最初は、手を伸ばせば届くところにおもちゃを置いて、前に進むことを教えてあげます。だんだん、その距離を伸ばして、ちょっと手を伸ばしただけでは届かないところに置いていくようにします。

最初は、苛立って泣いたりぐずったりするかもしれないでしょう。でも、そこで手渡してしまうと、自分で取りにいくということも、自分から動くということも覚えられません。根気よく付き合ってあげることも、泣いているのをなだめながら、動くことを教えてあげることも子育てです。

もしかしたら、赤ちゃんが動き方が分からないだけかもしれないので、ママがはいはいをして、おもちゃを取るところを見せてあげるのもいいですね。

または、赤ちゃんがうつぶせのときに、はいはいの格好を教えてあげるのもいいでしょう。お腹の部分を持ち上げて、足がひざ立ちになるように手伝ってあげます。このときは、無理やりひざを曲げたり、嫌がっているのにやるのはやめましょう。

どんな練習でもそうですが、ママと一緒に赤ちゃんが楽しんで出来るようにしてあげることが大切です。

スポンサードリンク

赤ちゃんと学習

関連エントリー
絵本の読み聞かせをしてあげましょう!赤ちゃんの歯磨きのさせ方寝返りの練習の方法はいはいはどうやるの?