Top > 子育ての悩み > 夜泣きの対処方は?

夜泣きの対処方は?

夜泣きというのは、ほとんどの赤ちゃんがするものなので、どんなママでも通る道だと割り切りましょう。ただし、自分でどんなに割り切っても、周りの家族を起さないようにしたり、マンションやアパートなら、隣近所に迷惑をかけないように気を使うものです。

夜中にベビーカーを押して散歩させたり、一晩中、おんぶや抱っこをしてあやした、という体験談もたくさん聞きます。でも、働いているママはもちろん、仕事を持っていないママでも、こんな生活が続いたら大変ですよね。いろんな対処方がありますが、この方法だったら確実に夜泣きが治るというものがありません。夜泣きの対処方というのは、赤ちゃんの数だけあるものです。

一番いいのは、自分の赤ちゃんがどんなことをすれば、夜泣きをしなくなったり、すぐに寝付いてくれるかを早く知ることです。「それが分かれば苦労しない」と言われてしまいそうですが、先輩ママたちも、自己流を見つけて対処した方が大勢います。まずは、いろんな人の対処法を参考にして、いろいろと試してみましょう。

そんな中で、気をつけたいポイントがあります。まず、夜泣きが始まったら、ひどく泣き出す前にあやしてあげましょう。少し泣いたら寝るかもしれない、と放っておいたり、おしゃぶりを嫌がるのに、無理に何度もくわえさせて泣き止ませようとしたりすると逆効果です。

これはどんな赤ちゃんでも共通していることなので、泣いたら、すぐにあやしてあげましょう。ママは気が抜けなくて大変ですが、1度大泣きして興奮させてしまうと、なだめるのに時間がかかり余計に大変です。ずっと続くことではないので、何ヶ月かだけ頑張ってみましょう。

スポンサードリンク

子育ての悩み

関連エントリー
育児に疲れてしまったら?赤ちゃんの人見知り夜泣きを未然に防ぐには夜泣きの対処方は?赤ちゃんの夜泣きの悩みについて