Top > 子育ての悩み > 夜泣きを未然に防ぐには

夜泣きを未然に防ぐには

夜泣きの対処法を見つけたとしても、出来ればぐっすり朝まで眠ってもらいたいものですよね。夜泣きの原因というのは、はっきりと分かっていないのですが、未然に防ぐ努力をしてみましょう。

一番大切なのは、普段の生活ペースをくずさない、ということです。赤ちゃんが大きくなってくると、お出かけをしたくなるものですよね。また、赤ちゃんもいろんな事に興味を示しだすので、親としては赤ちゃんにいろんな物を見せたり、体験させてあげたくなってしまいます。

毎日毎日そういう生活ペースなら問題ありませんが、お出かけは毎日出来るものでもありません。ですから、ショッピングや郊外へのドライブなど、赤ちゃんは喜ぶかもしれませんが、その分興奮してしまいます。興奮した日というのは、統計的に夜泣きが多くなるようです。

人と会うのも同じで、ママの友達でも、親戚でも、たくさんの人に会ったり抱っこされたりしたら、やっぱり夜泣きをする可能性があります。ただし、人と触れ合うというのは、成長過程でとても大事なことです。外出は、あくまでも赤ちゃんを中心に考えて、お昼寝をさせたり、オムツ換えや食事も出来るだけいつものペースを守ることが大事ですが、人と遊んだりすることは、何の制限もする必要はないでしょう。

基本的には、夜泣きを未然に防ぐために興奮させないというのが大前提ですが、赤ちゃんの人間育成というのも大切です。生活のペースを守りながら、ゆっくりと社会に適応出来る様に、周りの環境と馴染ませていきましょう。

スポンサードリンク

子育ての悩み

関連エントリー
育児に疲れてしまったら?赤ちゃんの人見知り夜泣きを未然に防ぐには夜泣きの対処方は?赤ちゃんの夜泣きの悩みについて