Top > 赤ちゃんと学習 > 絵本の読み聞かせをしてあげましょう!

絵本の読み聞かせをしてあげましょう!

絵本などを見せてあげるというのは、赤ちゃんの感情を豊かにしたり、知識を得たり、大きくなるにつれて本に親しんでいく第1歩です。低月齢のうちは、何も分からないかもしれませんが、絵本を見ることで、色を認識したり、お話に興味を持ったりします。

また、赤ちゃんに何を話しかければいいのか分からないというママにとって、絵本というのは、赤ちゃんとのコミュニケーションの取り方のひとつとしてもとても役に立ちます。

理解するかしないか、ということよりも、まずは一緒にひとつの物を見たりするというのが大切なことなのです。どんな絵本を読んであげればいいのか分からないときは、図書館などを利用しましょう。本は無料で貸りられますし、読み聞かせの会などを行っていたりするので、参加してみるのもお勧めです。

絵本の読み聞かせをするときは、出来るだけ赤ちゃんを抱っこしたりして、同じ方向から読んであげます。絵本なので、読むところは少ないかもしれませんが、動物の絵が出てきたら鳴き声をまねしてみたり、自動車が出てきたら「ブーブー」、星が書いてあったら「綺麗だね」などと話かけてみましょう。

最初は興味を示さなくても、焦らずに、同じ本を何度でも読んであげてください。初めて絵本を見れば、それが何なのか分からないのは当然なので、分かるようになるまで待ってみるのも育児です。
テレビの方が、動きもあって音も出るので簡単かもしれませんが、ママの声でお話を聞くというのが、親子の絆を深めてくれます。

スポンサードリンク

赤ちゃんと学習

関連エントリー
絵本の読み聞かせをしてあげましょう!赤ちゃんの歯磨きのさせ方寝返りの練習の方法はいはいはどうやるの?