Top > 赤ちゃんと健康管理 > 赤ちゃんの予防接種は忘れずに!

赤ちゃんの予防接種は忘れずに!

赤ちゃんが生まれて3ヶ月たつと、予防接種が始まります。赤ちゃんはママから免疫力をもらって育ってきましたが、ちょうどこの頃から低下していって、無くなってしまうからです。ですから、今度は赤ちゃん自身が免疫力をつけるために、予防接種をしてあげるのですね。

予防接種は、公的費用が受けられる定期接種と自分でお金を払って受ける任意接種があります。
定期接種というのは、自治体によっては自己負担分がある場合もありますが、決められた期間に接種すれば無料で受けられます。

ジフテリア、百日ぜき、破傷風を予防する3種混合、ポリオ、BCG、風疹・はしかなどが対象となっています。今時かかりそうにもない病気の予防接種もありますが、かかる可能性がゼロではありません。

また、逆に風疹やはしかはよくある病気なのですが、赤ちゃんがかかると、重くなることが多いので、やはり予防が必要でしょう。任意接種は、自分で受けさせたい予防接種を選ぶので、すべてが自己負担になってしまいます。

一般的には、インフルエンザですが、1歳を過ぎてからは、水疱瘡やおたふくかぜの予防接種も受けさせてあげることが出来ます。現在は、どちらの予防接種も任意になっているので、必ず受けさせなくてはいけないということではありません。副反応のことが心配だ、というママもいるでしょう。

でも、副反応はほとんどが発熱などの軽い症状なので、それよりも病気の予防のほうが大切です。問題がなければ、定期接種は必ず受けさせてあげるのが、ママの大事な仕事です。

定期接種のスケジュールは、自治体の広報に載っているので、マメにチェックしましょう。どんな予防接種も1度にたくさん出来ないので、スケジュールの組み方が分からない人は、保健センターなどに相談するか、かかりつけのお医者さんに相談してみましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんと健康管理

関連エントリー
赤ちゃんとアレルギー赤ちゃんの目の病気赤ちゃんが発熱したら?赤ちゃんにテレビを見せてもいいの?赤ちゃんのアレルギーを防ぐ、ダニ退治赤ちゃんとアトピー性皮膚炎赤ちゃんとインフルエンザ赤ちゃんのおもちゃなどの消毒は、どれくらいすればいい?赤ちゃんの鼻の掃除方法は?赤ちゃんの生活リズムをつけてあげましょう赤ちゃんの体温は毎日測りましょう赤ちゃんの冬のお出かけで注意すべき点は?赤ちゃんの夏のお散歩で注意すべき点は?赤ちゃんの予防接種は忘れずに!赤ちゃんとペットは一緒にしていいでしょうか?赤ちゃんが嘔吐をしたら赤ちゃんの便秘を解消する方法は?赤ちゃんの便秘のサインは?あせもを予防するには?赤ちゃんに、あせもが出来てしまったら?赤ちゃんの耳掃除のやり方意外と危険!赤ちゃんのつめに気をつけましょう!ベビーマッサージの方法ベビーマッサージがおすすめ!