Top > 赤ちゃんとお風呂 > 首のすわってない赤ちゃんとお風呂に入る時にあると便利なもの

首のすわってない赤ちゃんとお風呂に入る時にあると便利なもの

へその緒が取れたら、お父さんやお母さんと一緒にお風呂に入っても大丈夫です。沐浴というのは、片手で赤ちゃんを支えなければいけないので、腱鞘炎にもなりやすいですし、不安定には変わりないので、お風呂に入れられるようになると体力的にもかなり楽になります。

一緒にお風呂に入る場合、自分も赤ちゃんも裸なので、赤ちゃんは滑りやすくなっています。自分で抱きかかえて体を洗ってあげるスタイルならば、大き目のタオルなどをしいて赤ちゃんが滑らないようにしてあげましょう。

また、床に胡坐をかいて、その上に赤ちゃんを乗せて体を洗うスタイルなら、安定もしていますし、滑って落とす心配もありません。

首が据わっていない赤ちゃんの場合、ねんねをさせて体を洗うことが出来るマットがあります。赤ちゃんよりも少し大きい全部がスポンジでできているマットです。



全部がスポンジで出来ているので、その上に赤ちゃんを寝かせて、両手で洗うことも出来ますし、そのままお湯をかけて流せます。これなら、赤ちゃんを洗うのが怖いという方でも、安全で簡単に洗ってあげられますね。首が据わったら、ベビーバスチェアを使うのもいいでしょう。


おすすめ記事⇒あかちゃんのお風呂は塩素を抜きましょう






スポンサードリンク

赤ちゃんとお風呂

関連エントリー
アトピー対策!赤ちゃんのお風呂は塩素を抜きましょう!赤ちゃんをお風呂に入れる時に注意する事は?沐浴剤は必要でしょうか?赤ちゃんとお風呂、あると便利なバスチェア赤ちゃんの入浴後に飲ませるものは?赤ちゃんの沐浴の際に気をつけること首のすわってない赤ちゃんとお風呂に入る時にあると便利なもの赤ちゃんの頭を洗う時に注意すること