Top > 赤ちゃんと健康管理 > 赤ちゃんの耳掃除のやり方

赤ちゃんの耳掃除のやり方

お風呂に入れる時は、赤ちゃんの耳にお湯が入らないように注意するのは当然ですよね。赤ちゃんは、自分で水を抜くこともふき取ることも出来ません。

また、お母さんとしても、綿棒を耳の中に入れるのは、どこまで入れていいのか分からないので心配だと思います。

でも、お風呂のお湯なら、気をつけていれば大丈夫ですが、耳垢が溜まるのは自然現象なので防げません。赤ちゃんというのは、目が見えるようになるのは3ヶ月ぐらいたってからですが、耳は普通に機能しています。

自分で自由に動くことが出来ない赤ちゃんにとって、世界を自分で感じ取るのに、耳はとても重要です。赤ちゃんが自分で耳をいじっていたら、汚れが溜まっているかもしれません。

赤ちゃん用の綿棒を使って、耳の掃除をしてあげましょう。耳掃除といっても、大人がするように、耳の奥まで綿棒を入れてごしごしとこする必要はありません。耳の入り口周辺を、そっとふき取ってあげるだけで大丈夫です。

もしも、どうしても心配ならば、耳鼻科などで掃除をしてもらうことも出来ます。耳の病気になってしまってからでは遅いので、耳のお掃除も、お風呂に入れてあげるのと同じように、毎日の習慣にした方がいいですね。

スポンサードリンク

赤ちゃんと健康管理

関連エントリー
赤ちゃんとアレルギー赤ちゃんの目の病気赤ちゃんが発熱したら?赤ちゃんにテレビを見せてもいいの?赤ちゃんのアレルギーを防ぐ、ダニ退治赤ちゃんとアトピー性皮膚炎赤ちゃんとインフルエンザ赤ちゃんのおもちゃなどの消毒は、どれくらいすればいい?赤ちゃんの鼻の掃除方法は?赤ちゃんの生活リズムをつけてあげましょう赤ちゃんの体温は毎日測りましょう赤ちゃんの冬のお出かけで注意すべき点は?赤ちゃんの夏のお散歩で注意すべき点は?赤ちゃんの予防接種は忘れずに!赤ちゃんとペットは一緒にしていいでしょうか?赤ちゃんが嘔吐をしたら赤ちゃんの便秘を解消する方法は?赤ちゃんの便秘のサインは?あせもを予防するには?赤ちゃんに、あせもが出来てしまったら?赤ちゃんの耳掃除のやり方意外と危険!赤ちゃんのつめに気をつけましょう!ベビーマッサージの方法ベビーマッサージがおすすめ!