Top > 赤ちゃんとお風呂 > アトピー対策!赤ちゃんのお風呂は塩素を抜きましょう!

アトピー対策!赤ちゃんのお風呂は塩素を抜きましょう!

赤ちゃんのお風呂は塩素を抜きましょう。

例えばビタセラ・ワンという商品がありますが、錠剤をお風呂に入れるだけで塩素を中和します。

水道水の残留塩素はアトピーの原因になっているのではないかと言われています。
日本の水道水は、世界で一番塩素濃度が高く、日本は世界一のアトピー大国です。

吉岡英介(よしおかえいすけ)さんの、アトピー解決篇でも紹介されていますが、水道水の塩素がアピーの原因になっているケースもあるのに、それを取り除こうともせず、本人の体質であると決めつけ、抗アレルギー 剤や抗ヒスタミン剤やステロイド軟膏を乳児に投与されています。生後2週間の新生児の皮ふにステロイドを擦りむ事も、当たり前のように行われています。かく言う私もアトピーで、だからわかるんですが、本当に恐ろしい事です。

ステロイドを塗ってもアトピーは治りません。むしろ悪くなっていきます。ステロイドは傷を治す薬であって、アトピーを治す薬ではないからです。そうとは知らず、アトピーを治す薬だと思って常用すると、ますます酷くなってしまいます。

私自身が医者の言うとおりにしていて酷い目にあったので、私はステロイドは真っ向から否定している派です。アトピーの子供を見ると本当に胸が痛みます。どうか、赤ちゃんだけは、つらい目にあわせないでくださいね。

シャワーヘッドも浄水できるものがあります。クリンスイの浄水シャワーヘッド がポピュラーです。原水と浄水の切り替えが出来ますので、お風呂掃除の時などは原水を使うことで、カートリッジを長持ちさせる事が出来ます。




お風呂の塩素を抜くのは、赤ちゃんに限った事ではありません。特にアトピーの人にはおすすめで、慢性的なかゆみがかなり軽減されますよ。お友達のホームページです。アトピー改善の参考になるかもしれません。⇒41歳、アトピー男の闘病記録







スポンサードリンク

赤ちゃんとお風呂

関連エントリー
アトピー対策!赤ちゃんのお風呂は塩素を抜きましょう!赤ちゃんをお風呂に入れる時に注意する事は?沐浴剤は必要でしょうか?赤ちゃんとお風呂、あると便利なバスチェア赤ちゃんの入浴後に飲ませるものは?赤ちゃんの沐浴の際に気をつけること首のすわってない赤ちゃんとお風呂に入る時にあると便利なもの赤ちゃんの頭を洗う時に注意すること