Top > ミルクや離乳食を作るのにあると便利なウォーターサーバー

ミルクや離乳食を作るのにあると便利なウォーターサーバー

赤ちゃんがいらっしゃるなら、ウォーターサーバーがあるとすごく便利です。

何故かと言いますと、冷たいお水も何かと必要な温水も、レバーをひねればすぐに出てきますので、いちいちお湯を沸かす手間がいらなくなります。例えば夜中にお腹をすかせた赤ちゃんがグズっても、お湯を沸かす手間もなくササっとミルクや離乳食を作ってあげられる事ができるからです。


そこで、おすすめの水宅配サービスは、クリクラママです。理由は以下の通りです。

■ 安全な水である事

水宅配サービス、ウォーターサーバーサービスは、今、色々ありますが、赤ちゃん用の水という事を考えると、ミネラルウォーターは避けた方が良いと思います。ミネラルが多すぎると赤ちゃんの体に負担がかかってしまうからです。クリクラは不純物をろ過したピュアな軟水ですし、業界で初めて厚生労働省よりHACCPシステム(総合衛生管理製造過程)の承認書を取得するなど衛生面でもばっちりですので、赤ちゃんには安心、安全なお水を使ってあげる事ができます。水道水の塩素はアトピーの原因とも言われています。赤ちゃんにはできるだけ安全なお水を使ってあげましょう。

■ 重いペットボトルを持たなくて良い

赤ちゃんのためにも、妊婦さんやママに無理は禁物です。クリクラなら、ボトルを無料でご自宅まで宅配してくれますので、もう重いペットボトルを持つ必要はありません。また、飲み終わった空きボトルも無料で回収してくれますのでゴミを出す手間もなく、大変便利です。


■ コストは思ったより高くない

クリクラはサーバーレンタル料無料、送料無料、入会金、解約金一切なしです。毎月かかる料金はクリクラの水ボトルのお値段だけです。クリクラの水ボトルの料金は、12リットル入りで1,250円(税別)です。500ミリリットルのペットボトルに換算すると約52円(税別)ですので、経済的だと思います。
《注意点》
※ サーバーの無料貸し出しは、一世帯、一事業所につき一台。
※3か月でご利用本数が6本未満の場合サーバーレンタル料(1,000円/月、消費税別)が必要。
※サーバーメンテナンス費用として5,000円(1年毎、消費税別)が必要。

お水は赤ちゃん用だけではなく、もちろんお料理や、コーヒーやお茶などにも使えますので、3か月で6本(1か月に2本)は、普通に使っていればクリアできます。一年に一回のメンテナンス費用はいたしかたないところです。

デメリットはありますが、一度使うと、ウォーターサーバーなしではいられなくなると思います。それくらい便利で重宝します。


クリクラママの場合は今キャンペーンをやっていて、一本1,250円(税別)の水ボトルを6本無料で提供しています。キャンペーンの対象となる方は、妊婦さん、もしくは1歳未満のお子様がいる方で、サービスを受ける時に母子手帳の提示、またはコピーの提出が必要です。

【クリクラママ】無料お試しプログラム




スポンサードリンク

関連エントリー