Top > 赤ちゃんとお風呂

赤ちゃんとお風呂

赤ちゃんとお風呂一覧

アトピー対策!赤ちゃんのお風呂は塩素を抜きましょう!

赤ちゃんのお風呂は塩素を抜きましょう。例えばビタセラ・ワンという商品がありますが、錠剤をお風呂に入れるだけで塩素を中和します。水道水の残留塩素はアトピーの原因になっているのではないかと言われています。日本の水道水は、世界で一番塩素濃度が高く、日本は世界一のアトピー大国です。吉岡英介(よしおかえいすけ

アトピー対策!赤ちゃんのお風呂は塩素を抜きましょう!の続きを読む>

赤ちゃんをお風呂に入れる時に注意する事は?

赤ちゃんのお肌といえば、「つるつるすべすべ」というイメージですが、生まれて何ヶ月かたつと大人と同じように乾燥してきます。確かにハリはありますが、お風呂上りにほっぺが乾燥していることはありませんか?大人でも、年をとってくると乾燥がどんどんひどくなるように、赤ちゃんも成長しているので乾燥肌になって当然で

赤ちゃんをお風呂に入れる時に注意する事は?の続きを読む>

沐浴剤は必要でしょうか?

沐浴というのは、産後のお母さんにとっては、思ったよりも体の負担になります。ましてや、初めての出産であれば、沐浴に慣れていないので、赤ちゃんを落とさないようにするだけでも大変だと思います。また、がんばって綺麗に洗わなくてはと思い、気疲れもしてしまうのではないでしょうか?もしも、手伝いをしてくれる人がい

沐浴剤は必要でしょうか?の続きを読む>

赤ちゃんとお風呂、あると便利なバスチェア

赤ちゃんとお風呂に入るとき、悩んでしまうのが、自分が髪を洗ったり体を洗ったりする時ですね。赤ちゃんには待っていてもらわなくてはいけませんが、その方法は、脱衣所にクーファンやベビーキャリアをを置いて寝かせるのが一般的のようです。 または、座布団などを敷いて、その上にバスタオルを敷いて寝かせておく方法も

赤ちゃんとお風呂、あると便利なバスチェアの続きを読む>

赤ちゃんの入浴後に飲ませるものは?

赤ちゃんだって、お風呂に入ればのどが渇いてしまいます。沐浴期が終わって、お母さんやお父さんと一緒に湯船につかるようになれば、たとえ長時間お湯につかっていないとしても、ベビーバスよりは熱めなので、余計にのどが渇くものです。入浴後に飲ませるものは、最初はまず湯冷ましから始めましょう。大人の感覚だと、冷た

赤ちゃんの入浴後に飲ませるものは?の続きを読む>

赤ちゃんの沐浴の際に気をつけること

生まれたばかりの赤ちゃんは、雑菌などへの免疫がとても弱いので、産婦人科を退院してもすぐには大人と一緒のお風呂には入れないほうがいいでしょう。お家での赤ちゃんの入浴は、ベビーバスを使って、沐浴をさせます。時間は何時でもいいのですが、出来るだけ毎日同じ時間帯に入れてあげたほうが、赤ちゃんの体内スケジュー

赤ちゃんの沐浴の際に気をつけることの続きを読む>

首のすわってない赤ちゃんとお風呂に入る時にあると便利なもの

へその緒が取れたら、お父さんやお母さんと一緒にお風呂に入っても大丈夫です。沐浴というのは、片手で赤ちゃんを支えなければいけないので、腱鞘炎にもなりやすいですし、不安定には変わりないので、お風呂に入れられるようになると体力的にもかなり楽になります。一緒にお風呂に入る場合、自分も赤ちゃんも裸なので、赤ち

首のすわってない赤ちゃんとお風呂に入る時にあると便利なものの続きを読む>

赤ちゃんの頭を洗う時に注意すること

赤ちゃんは、生まれたときから髪の毛がたくさん生えている子もいれば、まったく髪の毛がない子もいます。髪の毛がふさふさしていると、シャンプーをしてあげたほうがいいように思いますが、基本的に赤ちゃんのシャンプーというのは、沐浴のころは石鹸で充分です。もし、アトピーが心配でしたら、石鹸を使わないか、無添加の

赤ちゃんの頭を洗う時に注意することの続きを読む>