Top > 赤ちゃんと健康管理

赤ちゃんと健康管理

赤ちゃんと健康管理一覧

赤ちゃんとアレルギー

赤ちゃんの病気も心配ですが、近年一番心配することが多いのが、アレルギーではないでしょうか。人間は、「抗体」というものを作って、体の中に入り込んだ異物を外に排出するように出来ています。でも、その抗体が過剰に反応すると、体にはほとんど害がないものに対して体に異常が現れます。それが「花粉症」や「食物アレル

赤ちゃんとアレルギーの続きを読む>

赤ちゃんの目の病気

赤ちゃんというのは、手で物をつかむようになったら、自分のかゆいところをかいたりすることも出来るようになります。眠くなったら目をこする、というのも成長した証といえるでしょう。ただし、目をこするということは、手からばい菌がはいってしまう可能性があるということです。赤ちゃんの手をしょっちゅう消毒できればい

赤ちゃんの目の病気の続きを読む>

赤ちゃんが発熱したら?

赤ちゃんというのは、大人のように上手に体温調節できません。ですから、体温は高めで汗をかきやすいですし、逆に汗で冷えてしまった場合も自分で温かくすることが出来ないのです。また、免疫力も低いので、ウィルスに感染しやすくなっています。赤ちゃんが、熱を出しやすいのはそのためですね。赤ちゃんが発熱する場合、突

赤ちゃんが発熱したら?の続きを読む>

赤ちゃんにテレビを見せてもいいの?

赤ちゃんがいると、お掃除や食事の支度が、どうしても思うように出来ないことがあります。せっかくお昼寝をしてくれても、起さないように家事をするとなると、掃除機をかけたり洗い物をしたりするのも大変かもしれません。ですから、少しでも家事をすすめるために、赤ちゃんにテレビを見せてしまうのは、ある程度しかたない

赤ちゃんにテレビを見せてもいいの?の続きを読む>

赤ちゃんのアレルギーを防ぐ、ダニ退治

赤ちゃんは、免疫力が弱いので、ちょっとしたごみやダニにも敏感に反応してしまいます。たまに、アレルギーは遺伝だから、と思っている方もいるようですが、アレルギーが発症する原因のほとんどは生活環境からくるものです。特に多いのは、アトピー性皮膚炎の原因にもなるチリダニです。チリダニというのは、動物などについ

赤ちゃんのアレルギーを防ぐ、ダニ退治の続きを読む>

赤ちゃんとアトピー性皮膚炎

肌にぽつぽつが出来たり、赤ちゃんがむやみに肌をかいていたりすると、アトピー性皮膚炎ではないか、と心配になると思います。確かに、肌がかゆくなったり、湿疹が出来てしまうのは、アトピー性皮膚炎にある症状ですが、それだけで判断してはいけません。「赤ちゃんのお肌はすべすべ」などというコマーシャルに惑わされて、

赤ちゃんとアトピー性皮膚炎の続きを読む>

赤ちゃんとインフルエンザ

よく、生後6ヶ月までの赤ちゃんには、お母さんからの免疫力があると言われますが、それでも病気にかからないとは限りません。特に注意したいのが、一番蔓延しやすいインフルエンザです。生まれて2?3ヶ月ぐらいすると、赤ちゃんと一緒にお出かけしたくなるものです。最近は、スーパーやデパートなどの人がたくさん集まる

赤ちゃんとインフルエンザの続きを読む>

赤ちゃんのおもちゃなどの消毒は、どれくらいすればいい?

赤ちゃんは、月齢6ヶ月ぐらいから、なんでも口に入れたりなめてみたりするようになります。これは赤ちゃんの好奇心から、目に入るもの、手が届くものがどんなものかを確認している作業です。また、歯が生え始めてきたりすると、歯茎がかゆくなるので、歯固めのために噛んだりしてしまうものです。音が鳴るものにも反応し始

赤ちゃんのおもちゃなどの消毒は、どれくらいすればいい?の続きを読む>

赤ちゃんの鼻の掃除方法は?

赤ちゃんというのは、風邪を引いている訳でもないのに、鼻水を出してしまいます。こまめに拭いてあげるのがいいのですが、それが鼻の中で固まってしまうことがあるので掃除をしてあげましょう。鼻づまりになると、口呼吸をする癖がついてしまうかもしれないので、鼻掃除は大切です。鼻を掃除する場合は、赤ちゃん用の綿棒で

赤ちゃんの鼻の掃除方法は?の続きを読む>

赤ちゃんの生活リズムをつけてあげましょう

生まれてからしばらくは、赤ちゃんはほとんど寝ています。起きるのは、お腹が空いているときぐらいで、それ以外は寝ていることが多いですね。3ヶ月ぐらいになってくると、だんだん起きる時間が長くなってきます。でも、まだこの時期は何かして遊ぶということもなく、ただ抱っこされているぐらいで、外の世界のことはあまり

赤ちゃんの生活リズムをつけてあげましょうの続きを読む>

赤ちゃんの体温は毎日測りましょう

赤ちゃんは、多少具合が悪くても、自分で認識出来ていないので、傍から見ていても分からないことがあります。ちょっと顔が赤かったり、熱っぽいかな、と思っても、笑っていたりすると、つい見過ごしてしまうこともあるでしょう。赤ちゃんの体調を管理するには、平熱を測るのが一番です。赤ちゃんの体温というのは大人よりも

赤ちゃんの体温は毎日測りましょうの続きを読む>

赤ちゃんの冬のお出かけで注意すべき点は?

赤ちゃんは、夏のお出かけは紫外線や暑さが心配ですし、冬のお出かけは風邪を引かないか心配です。でも、どちらの場合でも、赤ちゃんをずっとお家に閉じ込めておくわけにもいきませんし、免疫力をつけるためにもお散歩は必要です。ちゃんと寒さ対策をしてあげれば、冬のお散歩も怖くありません。冬にお散歩する場合は、まず

赤ちゃんの冬のお出かけで注意すべき点は?の続きを読む>

赤ちゃんの夏のお散歩で注意すべき点は?

最近は、紫外線がどんどん強くなっているので、夏になると赤ちゃんを外に出すのは怖いものです。でも、紫外線を気にして外に出ない、というのは、赤ちゃんにとってストレスになってしまうこともあります。ちゃんとお出かけの準備をすれば、夏でも散歩が楽しくなるでしょう。赤ちゃんは、とっても汗をかきます。ですから、紫

赤ちゃんの夏のお散歩で注意すべき点は?の続きを読む>

赤ちゃんの予防接種は忘れずに!

赤ちゃんが生まれて3ヶ月たつと、予防接種が始まります。赤ちゃんはママから免疫力をもらって育ってきましたが、ちょうどこの頃から低下していって、無くなってしまうからです。ですから、今度は赤ちゃん自身が免疫力をつけるために、予防接種をしてあげるのですね。予防接種は、公的費用が受けられる定期接種と自分でお金

赤ちゃんの予防接種は忘れずに!の続きを読む>

赤ちゃんとペットは一緒にしていいでしょうか?

赤ちゃんがいるからといって、ずっと飼って来たペットを捨てたり、他の人にあげたりするなんて出来ませんよね。確かに、ペットがいると、いろんな感染やアレルギーなどが心配です。でも、きちんと予防接種などをしておけば、動物からの感染症などはほとんど心配ありません。むしろ気をつけなくてはいけないのが、ペットがじ

赤ちゃんとペットは一緒にしていいでしょうか?の続きを読む>

赤ちゃんが嘔吐をしたら

赤ちゃんの胃というのは、大人と違って牛乳瓶のような形をしていて、縦に長くなっています。また、食べ物などの逆流を防ぐ、胃の入り口の筋肉が未発達なので、どうしても嘔吐がしやすくなっています。ミルクを飲みすぎたりするだけで、ゲップをした後でも、いきなり吐いたりするのでびっくりしてしまうかもしれませんね。で

赤ちゃんが嘔吐をしたらの続きを読む>

赤ちゃんの便秘を解消する方法は?

赤ちゃんが便秘になってしまっても、大人のように便秘薬を飲めるわけではないので、便秘解消方法をきちんと知っておきましょう。まずは、一番有名なのが、綿棒などで肛門をつついてあげる方法です。肛門を刺激することで、排便の神経が活動し始めます。硬いうんちの赤ちゃんには効かないかもしれませんが、普通の赤ちゃんは

赤ちゃんの便秘を解消する方法は?の続きを読む>

赤ちゃんの便秘のサインは?

赤ちゃんというのは、1日に何回もうんちをするというイメージがあると思います。最低でも、1日に1回ぐらいは普通だと思ってしまいますが、大人でも個人差があるように、赤ちゃんでも個人差があり、うんちの回数は違います。でも、毎日うんちが出ていたのに、2、3日出ないと心配になってしまいますよね。そんな時には赤

赤ちゃんの便秘のサインは?の続きを読む>

あせもを予防するには?

赤ちゃんは、あせもなどが出来てかゆくなると、自分で引っ掻いてしまいます。手の届くところだと、加減が分からないので危ないですし、逆に、手の届かない部分だと、かゆそうにしているのは可哀想ですよね。もちろん、お母さんとしてはあせもが出来ないように気をつけていると思いますが、もう一度見直してみましょう。季節

あせもを予防するには?の続きを読む>

赤ちゃんに、あせもが出来てしまったら?

赤ちゃんのお肌は、ハリがあってすべすべしていますが、大人と同じだけ汗腺を持っています。だから、油断をしているとすぐにあせもが出来てしまうのですね。赤ちゃんは、大人よりも基礎体温が高いので、とても汗っかきです。また、首や手足などは、ひだになってしまっている部分が多いので、乾燥しにくいのもあせもが出来る

赤ちゃんに、あせもが出来てしまったら?の続きを読む>

赤ちゃんの耳掃除のやり方

お風呂に入れる時は、赤ちゃんの耳にお湯が入らないように注意するのは当然ですよね。赤ちゃんは、自分で水を抜くこともふき取ることも出来ません。また、お母さんとしても、綿棒を耳の中に入れるのは、どこまで入れていいのか分からないので心配だと思います。でも、お風呂のお湯なら、気をつけていれば大丈夫ですが、耳垢

赤ちゃんの耳掃除のやり方の続きを読む>

意外と危険!赤ちゃんのつめに気をつけましょう!

赤ちゃんのつめというのは、生まれてからしばらくすると、すぐに伸びてきます。赤ちゃんを産んだばかりのお母さんは、他のことで忙しくて赤ちゃんのつめまで見ていないという方もいるのではないでしょうか。赤ちゃんのつめが伸びていると、赤ちゃんが自分で無意識に顔を引っかいたりした時に、自分を傷つけてしまうことがあ

意外と危険!赤ちゃんのつめに気をつけましょう!の続きを読む>

ベビーマッサージの方法

ベビーマッサージは、赤ちゃんにたくさん触れることが出来るだけではなく、自律神経や末梢神経を優しく刺激することで、脳の神経を活性化することが出来ます。脳の神経が活性化すると、ホルモンなどの分泌が盛んになり、ストレス解消にもなって、赤ちゃんが穏やかに眠れるようになります。また、筋肉の発達も促すことが出来

ベビーマッサージの方法の続きを読む>

ベビーマッサージがおすすめ!

赤ちゃんとのスキンシップというのは、育児をしていく上でとても大切です。肌と肌が触れ合うことは、人の温もりや優しさ伝えるための一番簡単な方法といえます。抱っこをしたり、抱きしめてあげたり、肌を撫でてあげるのは、赤ちゃんの心を落ち着かせてくれます。そして、もしもストレスが溜まってしまっていらいらしている

ベビーマッサージがおすすめ!の続きを読む>

カテゴリー
広告

お友達リンク
管理人 さおりん
管理人
二児の母です。自分の子育ての経験から、少しでもお役に立てば嬉しいです。
更新履歴
赤ちゃんとアレルギー(2010年3月30日)
赤ちゃんの目の病気(2010年3月28日)
赤ちゃんが発熱したら?(2010年3月28日)
赤ちゃんにテレビを見せてもいいの?(2010年3月28日)
赤ちゃんのアレルギーを防ぐ、ダニ退治(2010年3月28日)
赤ちゃんとアトピー性皮膚炎(2010年3月28日)
赤ちゃんとインフルエンザ(2010年3月28日)
赤ちゃんのおもちゃなどの消毒は、どれくらいすればいい?(2010年3月28日)
赤ちゃんの鼻の掃除方法は?(2010年3月21日)
赤ちゃんの生活リズムをつけてあげましょう(2010年3月21日)